企業法務が必要な理由

コンプライアンスとは法令順守という意味に直訳できます。
法令や条例などを守らなくてはならないという事です。
しかし近年企業内外でいわれるコンプライアンスとは、法令順守という意味だけではなく、社内における規定や企業理念にそった行動、マニュアルなどを順守しなければならないという意味です。

企業であっても個人であっても、法律さえ守っていれば処罰に問われることもないのだから、問題ないじゃないかという人もいますが、企業、また個人が所属しているところがあれば、決まり事などを守る事は必須です。
例えば企業の中には法律を理解しぎりぎり触れないようなところで商売をしているところもありますが、問題が起れば法に触れていなくても企業として最悪の結果が待っているかもしれません。

コンプライアンス違反をしないためには、企業内で法務規定を作り、社員に徹底する事が必須です。
企業法務で犯してはならない規定を作り、社員に徹底し、企業なりの罰則規定を設けることで、コンプライアンス違反がないクリーンな企業活動が可能となります。

企業が法務規定を作る時、「公正でありなおかつ適切な企業活動により社会貢献が可能となる企業を作る」ということが基本となります。
法律に沿うという事はもちろん、社会的に問題のない理想的な法務規定を作成することが重要です。

当サイトは企業法務を適切に作成する事の重要性をお伝えするサイトです。
企業がより高みを目指し活動できるように、当サイトを利用していただけたら幸いです。